お役立ち!京都での前撮りならコチラ☆

HOME > 京都で前撮りする時の豆知識 > 結婚式や挙式の助かる準備にもなる京都での前撮り

結婚式や挙式の助かる準備にもなる京都での前撮り

京都の素敵な景色を背景に前撮りをするのは人気が高いですが、一生の思い出の写真になると共に、実は結婚式の準備としても良い方法です。
挙式や披露宴の当日はたくさんのゲストを招いてお祝いをしてもらいますが、その際には様々な演出に知恵を振り絞ることになります。
まずは入り口でゲストを迎えるウェルカムボードですが、挙式前にプロのカメラマンに撮影をしてもらった写真はかなり完成度が高いので、それをウェルカムボードに貼り付けると華やかです。
余裕をもって撮影をして写真ができるのであれば、ゲストたちに発送をする招待状でもお披露目をすることが出来ますし、招待状から幸せな二人の笑顔をウェディング衣装でおすそわけです。
披露宴ではあらゆる演出がある中で、オープニングムービーやプロフィールムービーに使うこともできます。


結婚式当日はお色直しはあるとしても、いくつものウェディング衣装を何回も変えて着るのも大変です。
だからこそ京都での前撮りは素敵な手段であり、その日はカップルの写真撮影だけのために時間とアイテムが用意をされています。
挙式や披露宴での緊張感もなくゲストの対応もないですから、着てみたいドレスや様々な衣装を着用するチャンスです。
モデルが着用をするような雑誌で見る、ミニスカートのウェディングドレスなどは、実際の結婚式ではハードルが高いですが、写真撮影の日だけだったら思う存分選んで着ることが出来ます。
ウェディングドレスにはハイヒールやパンプスですが、写真だけであれば遊び心を入れても問題はありません。
夏ならミニ裾のドレスにビーチサンダルを合わせたり、元気にスニーカーを合わせても大丈夫です。


挙式や結婚式でも友人や家族に依頼をすればカメラマンも写真撮影はしてくれますが、もっと落ち着いて撮影をするなら前撮りです。
プロポーズを受けて結婚式までは何かと慌ただしいですが、結婚式前の写真撮影は何ヵ月くらい前にするかは気になります。
個人差はあるものの大体結婚式の日程からだと、ひと月から2ヵ月くらい前に撮影をするパターンが多いです。
数ヵ月前から準備をしていても、実際には挙式が近づくほど慌ただしくなります。
また結婚式前に写真を撮影しても、その日に出来上がるわけではありません。
修正をしたり様々な工程がありますので、早くても2週間ほど、余裕をもって1ヵ月くらいはみておくことです。
即席の照明写真とはわけが違いますので、できるだけ早めに予約をして写真撮影をしておきます。

次の記事へ